学園祭に大活躍のクラスTシャツ!!クラスTシャツでイベントを盛り上げるコツとは?!

クラスTシャツは、制作デザインのアイディアや着こなしの工夫で、さらにイベントを大いに盛り上げる事ができます。ここでは、クラスTシャツでイベントを盛り上げるコツについて色々お届けします。

クラスTシャツの良さとは?

クラスTシャツ,クラT

リーズナブルな制作費と品質の良さ

クラスTシャツ制作は、リーズナブルに制作できる上にTシャツ素材も悪くないので、そこまでお金をかける事ができない学生にとって大きなメリットとなります。さらに、まとめ大口注文する程クラスTシャツをお得な価格で制作する事ができます。Tシャツの品質も昔のように、安いから素材が悪いという事がないので、誰でも手軽にクラスTシャツ制作を業者に依頼する事ができるようになっています。

一人一人の個性を発揮する事ができる

クラスTシャツは、市販のTシャツには無い自分達だけの特別なTシャツを作る事ができます。皆で意見を出し合って決めたデザインになるので、それが自分達だけの個性となって形として残ります。クール、キュート、パロディー等、クラスTシャツも様々なコンセプトによって、個性は個々に発揮されるので、その個性によって自分達のカラーも変わってきます。

クラスTシャツをデザインする時のコツとは?

クラスTシャツ,クラT

業者が提供するテンプレートを活用する

基本的に、クラスTシャツの制作業者では、クラスTシャツ向けに豊富なデザインテンプレート、パーツ利用可能なデザイン等、豊富なデザインをラインナップしています。テンプレートやパーツ等は、カラーや文字等も自由に入れ替えできたり、写真を組み込んだり、拡大・縮小ができたり、とても便利に活用する事ができます。もちろん、それぞれの業者ごとに異なるテンプレートやパーツが用意されているので、デザインが好みの業者を選ぶのも一つの方法です。

担任の先生や仲間全員のネーム

クラスTシャツは、そもそも仲間とお揃いのTシャツですよね。皆が一丸となる事や、団結力をまとめる役割があります。そのアイディアの一つに、Tシャツに担任の先生と仲間全員の名前をプリントする方法があります。その場合、特に字やデザインを施す必要はありません。また、少しデザインに捻りを効かせて、Tシャツにあだ名をプリントする方法もあります。

クラスの出店や出し物に関するデザイン

例えば、学校行事のイベントでは、クラスで出店したり出し物があったりしますよね。そんな出店や出し物に関するデザインを、クラスTシャツのデザインに取り入れてみるのも面白いです。お客さんへのアピールにもなるので、何をやっているのか見て分かると、興味を持ってもらうきっかけにも繋がります。

心を奮い立たせるメッセージ

体育際等の闘志を燃やすイベントでは、クラスが心を一つにして戦いのアミューズメントを楽しむためのアイテムとして、クラスTシャツを活かす事ができます。なので、そんな時には心を熱く盛り上げる、カラフルなTシャツのチョイスがお勧めです。デザインには、自分のクラスの戦い精神をプリントするのも一つです。今は、クラスTシャツで背ネームも流行っているので、背中にメッセージを入れるのもお勧めです。

インスタ映えするクラスTシャツの人気デザインとは?

クラスTシャツ,クラT

今流行の背中に入れる「背ネーム」

クラスTシャツ制作では、メッセージを背中に入れるのが流行っています。背ネームは広い範囲にメッセージやスローガンをプリントする事ができるので、周りからも目立ってアピールに効果的です。また、インスタ映えするクラスTシャツでは、クスッと笑ってしまうような面白ワードを入れるのも流行っています。クラスの流行語を入れてみたり、担任の先生の口癖を入れてみたり、色々な楽しみ方ができます。

クラスTシャツの鉄板「名前入りデザイン」

やはり、クラスTシャツ制作で人気のデザインは、名前入りTシャツです。名前入りデザインと言うのは、サッカーユニフォームのように、クラスメイト一人一人の名前をTシャツにプリントしたデザインです。これは、自分だけのオリジナル感もあって、さらに、デザインを決める時間もかからないのに、格好良く仕上がるのが嬉しいポイントです。また、誰のTシャツなのか、一目で見てわかる所も好評となっています。

人気急上昇中「自分のキャッチフレーズ」

最近、クラスTシャツ制作で人気の背ネームですが、その背ネームに自分のキャッチフレーズを入れるデザインも人気です。自分のキャッチフレーズなので、他の人と被る事も少なく、自分の個性をTシャツで表現する事ができます。また、キャッチフレーズも少しユーモアがあると、面白い背ネームに仕上がります。

意外と支持が高い「四文字熟語」

クラスTシャツのデザインで意外と人気なのが、四文字熟語を入れたデザインです。クラスを象徴する四文字熟語を入れるのがお勧めです。色々とデザインを考えるのが得意でなくても、漢字の四字熟語だけでデザインが様になります。

時には活用するのもアリ「自虐ネタ」

自虐ネタも、クラスTシャツの面白定番メッセージです。クラスTシャツは、仲間内だけで盛り上がるのもアリなので、そういう意味では自虐ネタは活用できます。また、自虐ネタも一種の内輪ネタも、仲間内で笑いをとれる定番メッセージです。他にも、自虐ネタとは逆に、愛嬌のあるリア充感をあえて出すのもお勧めです。

クラスTシャツの可愛い着こなし方とは?

クラスTシャツ,クラT

首元にバンダナを巻く・付け襟を付ける

ファッションアイテムとしても人気のバンダナですが、クラスTシャツのコーディネートにもプラスして加えるとオシャレに仕上がります。首元にバンダナを巻くだけでアクセントが付いて、クラスTシャツの印象もグッと変わります。また、付け襟も雰囲気をガラッと変える事ができるので、クラスTシャツのプラス1アイテムにお勧めです。

レースキャミを着て裾からチラ見せ

クラスTシャツのインナーとして、少し長めのレースキャミを着用して、裾からチラ見せでするのもお勧めです。レースがアクセントになるので、シンプルなクラスTシャツの場合でも、レース効果で一気に可愛い印象に仕上がります。

インナーやアウターで重ね着する

クラスTシャツのインナーに長袖か七分袖のシャツを着用して、袖からインナーを見せてオシャレ感を演出する事ができます。また、Tシャツのデザインが前にプリントされている場合、上からパーカー、ブルゾン、ジャケット等を羽織って、雰囲気を変えて楽しむのもアリです。

Tシャツの袖を折り返す

ファッションでも、Tシャツの袖口を折ったり、捲り上げたりするだけで、こなれ感を演出する事ができますよね。それは、クラスTシャツでも同じです。袖がそのまま落ちているよりも、少し折ってあるだけで抜け感が出て、アクティブで元気な印象を与える事ができます。

バッチを付けて装飾する

クラスTシャツの胸や裾辺りに、バッチを付けて装飾するのも雰囲気を変わってお勧めです。バッチも、ピンバッチ、安全ピン、缶バッチ等、装飾するバッチによって、クール、キュート、ポップ等、色々印象を変える事ができます。

Tシャツの裾を結ぶ

クラスTシャツの左右どちらかの裾を思いっきりギュッと結んで、少しお腹をチラ見せるのもセクシーにスタイリングできてお勧めです。また、裾をかわいいヘアゴム・シュシュ・マスコット付きゴム等で縛るのも、女の子らしいキュートさを演出できます。